大道芸ワールドカップin静岡

​この日初めてスタンディングオベーションが起こった

2017 当日ボランティア:クラウンサポート

2017-2018 市民クラウン

2018-2020 実行委員:ノーマライゼーション推進室

​大道芸ワールドカップ

1992年に始まって以来、毎年11月初旬に静岡県静岡市で開催しています。静岡の秋の風物詩として、開催期間には150万人以上が訪れるアジ ア最大級のストリートシアター・フェスティバル。

  いつもの街角を非日常の舞台に変えるのは、国内外から参加する一流の 話題のアーティストたち。

その質の高さと国際性で、日本の大道芸の聖地として、世界中から注目されています。

その日、観客とアーティストが創る、ここだけの、唯一無二の体験は、『大 道芸ワールドカップin静岡』の大きな魅力。

​※2020は大会初の中止

75614178_448971899062797_306347337191732

​大道芸期間中は静岡市の中心市街地が舞台になる。

76678684_456058448354142_725930885847082

静岡市のK-mixというラジオ番組に出演し、大道芸の

​取り組みを紹介した。(2019)

大道芸ワールドカップin静岡に参加した目的

・静岡について「知る」ため。

・静岡市のまちづくりの取組みのひとつである「まちは劇場」について学ぶため。

・アートマネジメントやアートを実際に自分の身体で体感し学ぶため。

一番の目的は大道芸のボランティアのひとつである「市民クラウン」になることだった。

2017に挑戦してみるものの、体調不良により断念。

翌年2018年に再び市民クラウンに挑戦をさせてもらい『クラウンスマイル』が誕生。

また同年5月に【シズオカカンヌウィーク2018】でボランティアリーダーをやっており、そこでたまたま当時の実行委員長に誘われ、ノリでノーマライゼーション推進者実行委員に加入し、現在に至る。

​『ノーマライゼーション推進室』

73528613_448971645729489_433346018018118

“誰もが” 楽しめるフェスティバルに

  するためにできる限りのお手伝いをする。

​主な業務

・車椅子利用の方、盲導犬利用の方、視覚、聴覚障害 を持つ方に大会をご案内する。

・視覚障害を持つ方、混雑でパフォーマンス を見れない方を対象にし、リアルタイムでパフォーマ ンスをラジオの電波に乗せて発信する FM 実況をする。

​大道芸ワールドカップin静岡

私が学んだこと。

・障害有無の前にひとりの人としてどの様に向き合うのか

・大道芸をきっかけとし、ここで培ったモノを日常に生かす。

76722734_456058741687446_565887528515665

​それが積もりに積もって、

静岡の街に気遣いや理解ができる人が増えたら、 もっともっと静岡が人に優しい街になったらなるのではないか。

 害をもっている人は目に見える人、見えない人も含めればたくさんいる。 だから、まちを考える時、社会的マイノリティに置かれがちな高齢者、子ども、 目に見える、見えない障害を持つ方、外国人にも焦点を当てるべきだと思う。

 さらに、まだここには抜けてる人もたくさんいる。 それは政策とかからではない。まずは私という 1 個人のまちを形成する市民 からの多様な人とまちを「シェアしている」という意識改革が必要だと思う。

73175789_449645832328737_888582807027607